雇用形態別 | 関西で登録販売者の求人をお探しなら、ツナガリキャリア 登録販売者転職

お電話でも受付OK!072-879-5101 受付時間月-金:9:00〜20:00

簡単60秒で完了!

無料で登録する

雇用形態別の働き方を知る

正社員として働く

photo

会社において今後の成長を担う人材として期待される正社員。特にドラッグストア業界において出店相次ぐ関西圏ではもっとも需要が多く、必要不可欠な雇用形態です。基本的には医薬品の販売実務経験が求められることが多いですが、店舗運営経験やマネジメント経験次第では医薬品販売未経験者にもチャンスがあります。
他にも化粧品販売のご敬遠や栄養士とダブルライセンスをお持ちの方など、幅広くチャンスを設けています。

パートとして働く

photo

勤務時間や勤務日に制限がある方や、他にやりたいことがある方におすすめのパート勤務。就業環境の自由度の高さとあわせて、小売業界では店舗ごとの採用決済であることも多く、比較的採用基準が緩和されやすい雇用形態です。
登録販売者試験には合格したものの、実務経験を積みたい方、フルタイムでは働けないけれど資格維持のため月80時間の実務経験を必要とされている方にも最適な働き方です。

紹介予定派遣として働く

photo

正社員や契約社員等、直接雇用に切り替えることを前提に、一定期間(3ヶ月〜最長6ヶ月)を派遣社員として勤務し、実際に勤務しながら仕事内容や職場環境が自分にあっているかどうか判断できる雇用形態です。登録販売者としてはじめて勤務する場合や、これまでに転職に失敗したことがある方にはおすすめの雇用形態です。
求人企業側においても、新規事業立上げ時に重要ポジションを任せたい人材を雇用する際や、仕事を任せられるかどうか確信が持てない際に幅を広げる手段としても数多く活用されている雇用形態です。

派遣社員として働く

photo

以前のような就業環境の厳しいイメージは払拭され、近年はライフワークバランスを代表する働き方ともいわれている派遣社員という働き方。特に登録販売者の派遣社員さんにはプロ意識の高い「職人」のような方々が多い印象もあります。
ご自身のライフスタイルにあわせて勤務しながら、かつ登録販売者として経験・技術を培っていきたい。派遣法が改善されつつある昨今において、求人企業、求職者ともに業界全体で再注目されている働き方です。

関西の登録販売者求人が多数!

求人を検索する